媚薬について紹介している女性医師

媚薬の利用は病気の時の薬や頭痛薬に似ている?

媚薬とは性的興奮を高める事が出来ると期待して利用する薬の事です。
とはいっても、実際にはその効果の出方は人それぞれで、強く変化を感じる人もいれば何も変わらない、変化が無いと感じてしまう人もいます。

一般的に病気の時には様々な薬を服用しますが、その薬もその人の体質によって効果の出方はまちまちです。
人によってはすぐにその症状が良くなる場合もありますが、別の人の場合はその薬では何も症状が良くならない場合も珍しくありません。
この原因となっているのが体質です。
体質が違えば薬に対する体の反応も違うと言うのは、ごく当たり前の事だと考えても良いでしょう。
従って、市販の頭痛薬などを例に挙げてみても、ある薬は凄く良く効きますが、ある物に関しては殆ど変化を感じなかった、と言う人もいるはずです。
この様に、薬の服用によって体にどのような作用が出てくるかと言うのは体質に大きく左右されると考えて良いでしょう。

従って、媚薬を利用した場合もそれによって変化を感じる事が出来る場合もあれば、何も変わらないと言う事も決して珍しくありません。
そもそも媚薬自体それ程強い薬ではない場合が多いので、映像で見るような劇的な変化と言うのはなかなかないのが現状です。
ただ人間にはプラシーボ効果と言うのがあり、ただのビタミン剤を利用しただけなのに体の調子が良くなったと言う事もあり得る話です。
効果があると思って服用すればその様に体が変化する事もあるので、一概に媚薬は殆ど効果が無いと言う事は出来ません。

従って、実際に利用する時にはその人の体質に合っているかどうかと言う事を考える必要があります。
ただ媚薬と言っても薬には違いないので、服用法を誤ると思わぬトラブルが起きてしまう可能性もゼロではありません。
その為、出来るだけ正しく利用する事が基本となります。